パキスタンのホテル王 Avari氏

先に、ムシャラフ大統領の訃報を記したが、1月22日にパキスタンのホテル王、Byram D. Avari氏も亡くなっていることを記しておきたい。享年81歳。カラチ、ラホール等、パキスタンの5都市にて営業しているAvari Hotelグループの創業者オーナーである。他にもBeach Luxuary Hotel (在カラチ)も保有し、UAE(ドバイ)や、パキスタン系移民の多いカナダにもホテル展開していて、カナダ名誉領事の称号も得ていた。ゾロアスター教徒。おしどり夫婦振りは微笑ましく仲良くさせていただいた。合掌。
余談だが、ゾロアスター教徒は、パキスタンを含めたインド亜大陸ではパールシーと称される。「ペルシア」が由来。アケメネス朝ペルシアや、サーサーン朝ペルシアで広く信仰されたことによるとされている。パキスタンではマイノリティーだが、独自のコミュニティーを構成しつつパキスタンの中では上手く融和していて迫害を受けていることはない。と理解している。数字に強く、料理も上手(特にお菓子)、というイメージを持たれている。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 【転載】パキスタン総選挙「議員失格・バット」

  2. 日本・パキスタン協会主催「第37回シンポジウム・パーキスターン 2023

  3. サッカーボールの町を訪ねて パキスタン製造業の底力

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP